管理人の思いでの天皇賞(秋)

過去の天皇賞(秋)の中で管理人にとって一番印象に残っているのは、

1998年に行われた、第118回天皇賞です。

この年の中距離路線にはサイレンススズカという絶対的な存在がいた。

98年初戦のバレンタインステークスを勝利したのち、

中山記念、小倉大賞典、金鯱賞、宝塚記念と5連勝(重賞4連勝)でGⅠを制覇しており、

テンからハイペースで飛ばし、

直線では後続をさらに引き離して逃げ切り勝ちという圧倒的なレースをいくたびと披露しており、

中距離でサイレンススズカに勝つ事は至難の業と思われていた。

さらに秋になり、2歳時にレコードで2歳チャンピオンになったグラスワンダー、

その年のNHKマイルカップで圧勝しているエルコンドルパサーこの2頭の3歳馬をも毎日王冠で影も踏ませずに退けており、

本番の天皇賞では、サイレンススズカがどういった勝ち方をするかこの一点がファンの注目であり、

サイレンススズカが負けるなどという事はありえない。 そういう雰囲気であった。

レースは予想通りスタートからハイペースでサイレンススズカが逃げる展開。

レース途中までは誰もがサイレンススズカのレコードの更新を疑わなかった。

しかし結果は、競馬史に残るであろう名馬の故障、競走中止、予後不良という結果であった。

管理人は東京競馬場のスタンドからレースを観戦していたが、その時のスタンドでは誰もが声もだせない、

勝ち馬のオフサイドトラップに目をやっているファンはあまりいなかったのではないか、

そういう異様な雰囲気であった。こんな状態の競馬場を今まで体験した事がなかった。

管理人の中では天皇賞(秋)といえばやはり1998年のレースが忘れられない。

一競馬ファンとして、もう二度とこの時のような経験はしたくないものだ。

名馬達が無事にレースを終える事を願うばかりである。

競馬予想界で話題騒然!最高峰の予想情報!

天皇賞,秋,予想
天皇賞,秋,予想
天皇賞,秋,予想
天皇賞,秋,予想
先週の的中実績は必見!今週も期待できます!

無料メールマガジン~競馬予想情報~

天皇賞(秋)